>top >番組案内 >俳句投句
 
番組「吉原なつかし堂」にてオンエア!
◆毎週金曜日10:00…俳句投句
毎月最初に季語を発表、リスナー様から俳句を募集します!俳kingに輝いた方にはプレゼントを差し上げています。奮ってご応募ください。
※投句のご応募は一人1句までとさせていただきます。
◆2019年9月の季語
(1)台風
(2)水澄む(みずすむ)
(3)葡萄(ぶどう)
※毎月第一週目に前月の俳kingを発表します。お好きな季語を選んで作って下さい!!
○宛て先はこちら
Fax:0545-53-8444
〒417-0051静岡県富士市吉原2−10−20ラクロス吉原2F
いずれもラジオエフ「俳句投句」係あてにお願いいたします。
■2019年
8月(季語:滝/終戦/赤とんぼ(秋茜))
「終戦日 痛みのいえぬ 空のキズ」めめさん
7月(季語:短夜、蛍、土用)
「ほうたるを 籠にあそばせ 田路ゆく」小山定子さん
6月(季語:薔薇、青田、鮎)
「里がえり 青田でひとつ 深呼吸」白茶黒さん
5月(季語:蝸牛(ででむし)、新茶、金魚)
「庭をゆく 終わりなき旅 かたつむり」公の子さん
4月(季語:たんぽぽ/陽炎/朧)
「朧月 心を盗む ルパンかな」渡辺清人さん
3月(季語:春めく、ぶらんこ、すみれ)
「踏まぬよう  散らさぬように  すみれ道」にゃんこ先生さん
2月(季語:豆撒き、バレンタイン、鶯)
「不器用な 生き方もある 匂鳥」にゃんこ先生さん
1月(季語:お年玉/どんど焼き/着ぶくれ)
「どんど火が 背くらべをする 左富士」プリンシパルマンゾオさん
■2018年
2018年俳King大賞
「日に三度 皿洗う手の 水温む」清まさじさん
2018年清水やすこ賞
「風音は ひらがなばかり 春の海」小山定子さん
12月(季語:湯豆腐/こたつ/年惜しむ)
「平成も 最後となりて 年惜しむ」渡辺清人さん
11月(季語:七五三/鳥渡る/落葉)
「そう祖母の 手はやわらかし 七五三」めめさん
10月(季語:初紅葉/名月、満月、十五夜/秋祭り)
「陽と風の 糸で織り成す 初紅葉」白茶黒さん
9月(季語:秋の夜、芋、コスモス)
「芋掘りという名の宝探しかな」サンフラワーさん
8月(季語:七夕、墓参り、鳳仙花)
「父母の 背中を流す 盆の墓」ナナさん
7月(季語:梅雨明け / メロン / 雲の峰)
「天の桶 空っ空(からっから)にし 梅雨空ける」骨川筋右衛門さん
6月(季語:短夜 / さくらんぼ / 雨
「まるい目に 雨の目薬 あまがえる」にゃんこ先生さん
5月(季語:柏餅 / 薄暑 / 母の日)
「柏餅 風と分け合う 香りかな」綿童子さん
4月(季語:日永、春の海/湖、チューリップ)
「風音は ひらがなばかり 春の海」小山定子さん
3月(季語:水ぬるむ、春の雨、たんぽぽ)
「日に三度 皿洗う手 水温む」清まさじさん
2月(季語:春浅し、猫の恋、梅)
「靴履けば 戯れつく小犬 春浅し」神一男さん
1月(季語:初電話(初メール)、小正月、寒椿)
「ゆきずりの 風もたたずむ 寒椿」公の子さん
 
 
※掲載の画像・文章の無断転載は禁止します。
 
ホームタイムテーブルナビゲーターメッセージ会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ