>top >会社案内 >放送番組編集基準
 
 
 
富士コミュニティエフエム放送株式会社は、富士山南西麓をカバーするコミュニティ放送局として、社会的、文化的使命を果たします。県域放送等では取り上げない、より地元に密着した情報を的確に市民に提供し、地域情報の発信基地としての役割を果たします。次に掲げる基準を定め、すべての放送番組及び広告の企画、制作、編成にあたっての基本方針とし、 これに従うものとします。
 
放送番組の編集の基準
この基準は、すべての放送番組及び広告に適用される。
 
1. 報道番組
報道番組とは、時事に関する速報、説明又は意見を直接取り扱う番組をいう。
(1)ニュース及びニュース解説は、すべての干渉を排し事実を客観的に且つ正確、公平に取り扱う。
(2)ニュースの表現は、残虐、悲惨等の感情を極端に刺激しないよう注意する。
(3)ニュース及びニュース解説、実況中継は、不当な宣伝に利用されないよう特に注意する。
(4)ニュースの中で意見を取り扱うときは、事実と意見を厳密に区別する。
(5)ニュースの解説は、ニュースと厳密に区別し、放送者の氏名を明らかにする。
(6)ニュースの誤報は、速やかに取り消し訂正する。
 
2. 教養番組
教養番組とは、国民の一般的教養の向上を直接の目的とするものをいう。
(1)番組内容の一部や引例が適切でないため、制作意図に反して、聴取者に好ましくない印象を与えることのないよう注意する。
(2)社会的に悪影響を及ぼす模倣を容易に誘発しないよう注意する。
 
3. 教育番組
教育番組とは、学校教育又は社会教育のための番組をいう。
(1)教育番組は、その放送の対象とするものが明確で、内容はそのものに有益適切であり、組織的且つ継続的であるようにする。
(2)教育番組は、その放送の計画及び内容を、あらかじめ公衆が知ることが出来るようにする。
(3)教育番組で、学校向けのものであるときは、その内容が学校教育に関する法令の定める教育課程の基準に準拠するものとする。
(4) 学校向けの教育番組には、学校教育の妨げとなると認められる広告を含めない。
 
4. 児童番組
児童番組とは、児童の心理に与える影響を考慮して児童の健全な常識と豊かな情操を養う番組をいう。
 
(1)児童の品性を損なうような言葉や、粗野な表現は避ける。
(2)児童が感化されやすい悪徳行状の取扱いには特に注意する。
(3)男女間の愛情や性愛の問題は、その内容と児童の年齢を考慮し慎重に取り扱う。
 
5. 娯楽番組
娯楽番組とは、健全な慰安を提供して、生活内容を豊かにする番組をいう。
(1)不快な感じを抱かせるような下品、卑わいな表現や言葉は使わない。
(2)方言を使うときは、不快な感じを与えないように注意する。
(3)不具、疫病、白痴等肉体的、身体的欠陥に悩む人々の感情を刺激しないように注意する。
(4)犯罪の手口を明示又は解説するときは、故意に犯罪を魅力的に表現したり、模倣の意欲を起こさせたりするような描写はしない。
(5)聴視者参加番組については、参加の機会を均等にし、広く聴視者一般に及ぶように努める。
(6)聴取者参加番組の審査は、出演者の技能に応じて公正を期する。
 
6. 広告基準
(1)広告放送の明示;広告放送は、CM又は放送局の告知によって、広告放送であることを明らかにする。
(2)CMの責任;CMはすべての真実を伝え、誠実を守ると共に関係法令に従い、責任を負いうるものとする。
 
4.利用
富士コミュニティエフエム放送株式会社は、お客様の個人情報を「2.利用目的」で定めた範囲内で利用します。
 
以上
 
 
ホームタイムテーブルナビゲーターメッセージ会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ