>top >会社案内 >番組審議委員会
 
2011年
2011年11月
2011年10月
2011年7月
2011年5月
2011年3月
2011年1月
2010年
2012年
会社案内topへ戻る
 
第34回番組審議委員会議事録
日時:平成23年7月13日13時30分
場所:富士市民活動センター(富士市吉原2丁目10番20号)
 
審議会委員の出席
1.委員総数12名
2.出席委員数6人
3.出席委員の氏名
鈴木道雄委員長、和久田恵子委員、小長井辰夫委員、木村恭代委員、佐野勝英委員、 神尾隆文委員(順不同)
 
放送事業者出席者名
小沢教司 常務取締役、酒谷良明 編成部長
 
鈴木委員長挨拶
よりよい審議をお願い致します。
 
小沢常務取締役挨拶
東日本大震災発生後、日本経済の落ち込みを受け、地元でも経済の縮小傾向が聞かれる。
3月15日の県東部を震源とする地震発生後、4ヶ月余経つが富士市大淵地区等では復興が急がれている状況。その中でも弊社は前年度以上の売り上げを報告することができ、今年度もよいスタートを切っている。
9月1日に防災の日スペシャル番組を放送する予定。PRに努めたい。二年前の10月に今期の審議委員会がスタートし、次回がこのメンバーでの最後の審議になります。ぜひご出席下さい。
 
■前回の報告
第33回番組審議委員会 議事確認
 
■番組の審議
テーマ:Feel nature project「OASIS LIFE」
番組「ブライアン!」内で放送予定の自然を感じるレポートの模様
放送日時:7月11日(月)17:00〜
富士自然観察の会・山田高さんと一緒に、ナビゲーター・泉ヒデカズさんが浮島ヶ原自然公園をレポート。貴重な植物の紹介、自然体系を残すための注意等。
■番組制作方針 説明
(酒谷部長が説明)
→番組聴取
 
■質疑応答
和久田委員:面白かったですね。最後に場所へのアクセス方法や開園時間も説明がついていてよかった。
木村委員:レポートでとても興味を持ちました。行ってみたいと思いました。
和久田委員:山田高さんがとても素敵な方なので、プロフィールも紹介してほしかったですね。
鈴木委員長:レポートによると公園はずいぶん広いようですね。
小沢:最近できた公園のようです。
鈴木委員長:レポートにもあった葦を取りに行ったことがありますが、よく整備されているようです。
和久田委員:効果音もよかったです。
小沢:この「歩いてぶらりあん」のコーナーは富士地区を旅するコーナーなので、結構面白いですよ。
酒谷:以前、スタジオから出てレポートを活発に行ってほしいというご指摘がありましたが、このコーナーでは毎週スタジオから出て街へレポートする活動を展開しております。
鈴木委員長:こうした、公園や名所旧跡を紹介するコーナーがあるといいですね。地元民でも知らない場所があったりするので、とても新鮮な感じがします。
小沢:ラジオは想像力をかきたてるものなので、楽しめますね。
酒谷:今後は「オアシスライフ」キャンペーンで宝永登山のレポートがあります。今委員がおっしゃった、出演者のプロフィールや植物の紹介をもっと詳しく伝えた方がよいという意見は、今後取り入れたいと思います。
佐野委員:レポートの模様は写真を撮って、後にホームページにぜひ載せてほしいと思いました。想像もいいですが、実物を知るいい機会にもなります。
酒谷:このほかに「オアシスライフ」では自然食を扱ったお店紹介なども予定しております。ぜひまたご意見をいただければと思います。
佐野委員:「ブライアン!」ではオアシスライフの企画をどれくらいやるのですか?
酒谷:「ブライアン!」では「歩いてぶらりあん」で紹介しましたが、その他の番組でも二週間かけてご紹介します。
佐野委員:いい企画であれば、今後もレポートを続けてほしいですね。
和久田委員:外でのレポートは「ブライアン!」だけですか?
酒谷:出演者を呼ぶ場合もありますが、「ブライアン!」は外でのレポートが多いですね。ナビゲーターの泉さんが活発に外でのレポートを届けています。
小沢:この企画は、エコが叫ばれている中、もういちど身近な自然を見直そうという目的で始まったキャンペーンです。一口5万円でスポンサーを募り、17社獲得しました。
神尾委員:富士地区の名所は、自分も知らない場所が多い。ラジオで紹介していただきたい。
酒谷:リスナーさんからのメッセージで、こちらも発見がたくさんある。ぜひ情報もお寄せいただきたい。
佐野委員:このレポートの場合スタッフは一人ですか?
酒谷::泉さんが一人で行っています。放送機材はシンプルな機材なので、レポーター自身が扱えるようになっております。こうした企画がコミュニティFMで行われる場合は収支対応が求められます。人的な問題等がクリアできれば外レポートも積極的に行いたいです。
鈴木委員長:富士市内で、マンホールを開けると地下に洞窟がある場所など、珍しいけどあまり取り上げられていない場所があるので取り上げたら面白いかもしれない。逆に、県の観光ガイドに載っていても現在はあまり整備されていないような穴場の史跡もあったりするので、そういった面でも調べて放送してみたらどうか。
酒谷:こちらの取材だけでなく専門家の意見が伺えれば可能です。ぜひご提言下さい。
和久田委員:エコキャンペーンといえば、電気予報は流しているのですか?
酒谷:ラジオエフでは放送していません。
和久田委員:会社を経営しているので、電力のピーク時をインターネットで逐一チェックしている。ラジオでリアルタイムで放送していただければ気を付けるし、ありがたい。
酒谷:ピーク時がいつごろになるのか、放送すれば役立つだろう。リアルタイムで放送すればコミュニティFMらしいのかもしれない。
 
■一般審議
鈴木委員長:以前、ロッシーニの猫の曲紹介を放送していたが、大変興味深かった。最近朝の放送の電波状況が悪くなったりする。なぜか?
酒谷:場所にもよる可能性があります。
神尾委員:電波塔が近くにあると入りづらい。また、同じようにアンテナをおいていても雨の日は入りづらい時があります。
小沢:地震以降大手の企業を訪ねているが、防災への関心が大変高い。企業が現場でラジオをどのように聞くのか、興味深い。市が販売する防災ラジオも備えとしてぜひ取り入れていただきたい。ところで、最近ちょっとした芸能人が時折ゲストとして登場しています。みなさんのお知り合いに地元から売り出したいという方がおられたら、ぜひご紹介下さい。
 
■終わりの言葉
小沢:7〜9月の番組表ができました。ぜひご覧になっていただき、今後もお聴きいただければと思います。そして忌憚のないご意見ご感想をお願いいたします。
 
次回開催 9月21日(水) 13:30〜 富士市民活動センター
 
ホームタイムテーブルナビゲーターメッセージ会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ