>top >会社案内 >番組審議委員会
 
2015年
2015年11月
2015年9月
2015年7月
2015年5月
2015年3月
2015年1月
2014年
2014年11月
2014年9月
2014年7月
2014年5月
2014年3月
2014年1月
2013年
2013年1月
2013年3月
2013年5月
2013年7月
2013年9月
2013年11月
2012年
2012年11月
2012年9月
2012年7月
2012年5月
2012年3月
2012年1月
2011年
2011年11月
2011年10月
2011年7月
2011年5月
2011年3月
2011年1月
2010年
2010年11月
会社案内topへ戻る
 
第56回番組審議委員会議事録
日時:平成27年3月18日13時30分
場所:富士市民活動センター(富士市吉原2丁目10番20号)
 
審議会委員の出席
委員総数12名
出席委員数9名
出席委員の氏名
鈴木道雄 委員長、遠藤芳幸 委員、和久田恵子 委員、峰村学委員、小澤美幸 委員、安藤滋 委員、長橋順 委員、稲葉美津江 委員、小岱亜季 委員(順不同)
 
放送事業者出席者名
小沢教司 常務取締役、山本茂 統括部長
 
1.あいさつ
 
鈴木道雄委員長あいさつ
今回も慎重なご審議のほどよろしくお願いいたします。
 
Radio-f小澤常務あいさつ
本日もお忙しい中をご出席いただきありがとうございます。第10期のご報告です。当初の想定内として順調に経営は進んでおりますが、5月からの11期からの運営はより厳しい状況が予想されております。このエリアの経済状況も景気の低迷状況の脱却が否めず、ここが踏ん張りどころだと思っている。
今年11月3日は開局10年を迎えるので、それを機に、スタッフ一同、地元に密着し、防災を中心としたコミュニティの役割を果たし、底辺の拡大を図りたい。
 
3.前回の報告
・第55回番組審議委員会 議事承認
前回の審議委員会で出た意見について
「スポーツ番組を」「子どもによる番組を」というご意見がありましたが、小中高校生の各種大会結果の情報収集が主催によって発表方法が違うので迅速に行えないなどというハードルが多々ある。こうした点もふまえ、今年10月に大きな改編を予定しているので、こうした意見をもとに新たな番組編成を提示してければと検討しています。
4.番組審議
番組名「常葉一雄のゴルフ三昧」提供:富士川ゴルフセンター
放送日時:毎週火曜日 19:00〜19:30
ナビゲーター:常葉一雄
(番組の一部を聴取)3/17放送/テーマ「最新ゴルフボール事情」オープニング〜ゴルフニュース〜テーマトーク「最新ゴルフボール事情」について
・番組編成制作方針、説明(山本が説明)
常葉さんは開局当時からラジオエフの番組に御出演されている。これまでは音楽の造詣が深い常葉さんの特徴を活かして「ラフェットバロック」「エフクラッシカ」などを担当してきた。「ゴルフ三昧」は二年前から毎週火曜日に放送。生放送。
 
■質疑応答
小沢:専門的な話になりますが、ゴルフ好きな人が聞いていただけると思います。
鈴木委員長:私は耳が遠いのであまりよく聞こえなかったのですがどうですか?早口に聞こえました。
遠藤芳幸委員:私には聞こえましたが。
山本:しゃべりのトレーニングをされているようなプロの方ではないので、そういう意味では聞きづらいかもしれません。なかなか改善はむずかしいかもしれませんが…
峰村委員:この時間帯は毎日行っていないので、特別なのですね。普段の番組は七時で終了しています。聞き手がゴルフ好きな人へ向けているというので良いと思います。
小岱委員:ゴルフを知らない自分には全く分からなかったです。これからゴルフを始める人にもわかるような話もしていただければと思います。
安藤委員:聞く人を選ぶ番組ですよね。テーマによって反響があると思う。パターの感覚で選ぶということを言っていたので、どのような感覚で買うのか、もっとマニアックに言ってもいいと思います。自分のように始めたばかりの人にも関心が得られるかもしれない。
峰村委員:最新ゴルフ事情というテーマですが、このテーマが尽きることがあるかもしれませんが、どうしているのでしょうか。
山本:オープニングトークの後の特集コーナーがあり、今回はゴルフボール事情だった。たとえば青木功プロの話だったり、いろいろあります。資料のテーマ例をご覧ください。
峰村委員:毎回繰り返し同じテーマなら尽きるかと心配した。
山本:今回お聞きしたテーマトークはパート1です。
峰村委員:他のテーマのほうがマニアックに聞こえていいかもしれません。
山本:常葉さん自身がとてもマニアックな方で、いろいろと詳しい方です。逆に、まったくわからないけど、おもしろいという声も聴かれました。好きなことを突き詰めて話しているという点が面白いというお話でした。初心者に向けてゴルフの楽しさを、裾野を広げるような番組も、もちろん可能でしょうが、番組を立ち上げる際に常葉さんの意見でもありましたが「ゴルフが好きな人のための突き詰めた情報を提示していく番組にしたい」ということだったので、あえてマニアックな方向で行くようにしています。しかし、今後初心者向けの情報提供も検討してければと思います。
峰村委員:違う曜日で違う時間帯で設定しても良いかもしれませんね。
遠藤芳幸委員:ゴルフは大衆向けではない。聴取者が二分化します。どちらかに的を絞るべきだと思うが、好きな人向けにしようと考えているというのならそれでよいと思います。ここまで的を絞った番組はラジオエフの中にはないので、こういうものがあっても良いと思います。
鈴木委員長:聞きたいなと思います。
山本:ゴルフ場がたくさんある地域なので、ゴルフ場に所属されているプロの方とか、アマチュアの方もたくさんいると思います。地域と密着した話題も尽きないのではと思っています。
長橋委員:今回はゴルフボールに焦点をあてているからかなりマニアックに聞こえましたが、マスターズなどのテーマもあるということなので、ゴルフを知らない人でも聞けると思います。各回によってマニア向けであったり、一般の人にもなじみのある人を紹介していたりするので。
遠藤芳幸委員:少し早口かなと思う部分もありましたが、BGMが非常に軽快で、雰囲気が良かったと思います。
山本:常葉さんは、音楽ジャンルはジャズで行きたいということでした。自分も好きなので、ゴルフをされる層を考慮して、ジャズにしています。
安藤委員:音楽が二回入るのは尺の関係ですか?
山本:トークだけでは聞きにくいかと思うので。一人しゃべりで内容が頭に入るのは大体五分くらいかと思います。それ以上ですとかなりのテクニックが必要でしょう。なので、五分くらいでワンブレイクを設けております。
安藤委員:マニアックな方ならネタをたくさん聞きたい人もいるかもしれません。たまには一曲でもいいのでは?と思いました。
山本:常葉さんに限ったことではありませんが、一人で長い間しゃべっていると途中からわからなくなってくることが多々あります。常葉さんも五分間くらいで情報を話していただくほうがちょうどよいかと思われます。常葉さんもかなりがんばっていますし、苦労が伝わってきます。音楽の時間の内容によって検討します。
峰村委員:相手がいればしゃべりやすいですよね。
和久田委員:常葉さんはとてもマニアックな話をたくさんできる方ですよね。以前、バロックのお話を伺いましたが、ちょっとわからなかった印象がありました。
山本:ゴルフに関してもとてもマニアックですね。
和久田委員:よくわからなかったということにならないといいですね。聞き手がいるといいと思います。
小岱委員:ゲストも来られるのですね。
山本:不定期ですが、出演されます。常盤さんの人脈で来ていただいた方にお話ししていただきます。
遠藤芳幸委員:これを聞いてゴルフをしたくなるような気持ちになればとても良いですね。
和久田委員:マニアックな人向けと、時折、分かりやすいお話も交えていただければいいと思います。
山本:まったく畑違いの方を読んで、たまにすっとんきょうな質問をされるというケースもあります。マニアックな情報をわかりやすく引き下げる時もあります。今後検討します。
和久田委員:単語からわからない場合に「それって何」って聞いてくれる人がいるといいかもしれません。
安藤委員:僕は何度やっても右に曲がるので、常葉さんに「それでも大丈夫ですよ」などとメンタル面でケアしていただけるとユニークかもしれません。
小沢:ゴルフはメンタル面も大切ですからね。常葉さんがスポンサーかつ番組の話し手でもあるという、局としては大変貴重な存在です。
稲葉委員:初心者質問コーナーがあればいいと思います。
安藤委員:メールで質問ができるんですよね。
山本:はい、できます。
安藤委員:そこで疑問が聞ければいいと思います。
稲葉委員:メールを読んでお応えいただく初心者質問コーナーがあるといいと思います。「富士川ゴルフセンターに来ればいいんですよ」などと言っても良いかと思います。聞いていて、ゴルフボールとは同じメーカーでも代が変わると違うというのに気付かされた。その辺の詳しい話に質問できればと思います。
鈴木委員長:資料にある、これまでのテーマ例はとても良いと思います。
小澤委員:サッカーの番組もあればいいですね。
山本:現状では番組としてはありません。
峰村委員:野球などもあれば、少年野球の監督などを呼んで話を聞くと試合の内容も言っていただければ面白いだろう。
山本:今後の改編で考えていることもあります。考え方の一つですが、ラジオというのは、聴取率をとると、1%や2%です。これまで、すべての層に向けてラジオの番組を考えてきましたが、大きい局ですらその数字なら、コミュニティエフエムはもっともっとマニアックな方が聞いているのではないかと思います。マニアックな方々が聞いているのに、全ての層に向けて…というのは限界があるのではと思います。たとえば、それぞれに明確なテーマを設け、その層向けの、ピンポイントで情報提供していく番組を編成してもありなのかな、と検討しているところです。
小沢:万遍なく訴えかけるものを提供するのはなかなか難しいと考えておりますので、ご配慮いただければと思います。
安藤委員:ゴルフ場へ行くと食事が楽しみだったりする。常葉さんがいろいろなゴルフ場に行かれたりするのなら、どこのゴルフ場で何がおいしかったのかとか聞きたいですね。サービスについても聞きたいですね。
山本:そのテーマを話した回がありました。お金を頂いていない分、そのゴルフ場についてちゃんといろいろと言っておりました。面白い内容でした。
遠藤芳幸委員:常葉さんはおいくつぐらいでしょうか?
山本:50歳くらいです。若い人はゴルフをされるのでしょうか。
小岱委員:女性向けのサービスがあったりしますよね。
遠藤芳幸委員:若い女性で活躍している選手がいると聞きました。
山本:全国レベルで活躍している小学生がいるという話を聞いています。
安藤委員:時間帯は七時半ということなので、ちょうど聞ける時間ですね。ラジオエフを聞いたと富士川ゴルフセンターで言えば安くなるとか、いい宣伝をしていただければ良いのではないのでしょうか。
山本:過去に言っていました。最近番組内で言っておりませんので、また確認します。
稲葉委員:そうすれば聞いてよかったと思えるでしょうね。
 
5.一般質疑応答
鈴木委員長:地元のうまいものを取り扱う番組がほしいです。提供の問題などあると思いますが。
小沢:検討いたします。
山本:お店情報でしたら、随時行っております。スポンサードとは関係なく行っております。
 
6.終わりの言葉
鈴木委員長:次回もよろしくお願いいたします。
 
・次回第57回開催について
平成27年5月27日(水) 13時半〜 富士市民活動センター
 
・本審議委員会の議事録をホームページに掲載。
 
 
ホームタイムテーブルナビゲーターメッセージ会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ