エフ・クラッシカ・ネオ

世の中には、トッテモ凄い音楽とトンデモ凄い演奏が存在します。
でもかなり希少です。

演奏は消えてしまうものですが、幸運なことに現代では録音というかたちで名演奏が残っています。

20世紀の終わり、ヨーロッパの革命的な演奏に接してきた常葉一雄が、コンシェルジュになって、バロック音楽誕生から400年、現代の音楽まで幅広く紹介します。

昔、音楽はリクレーションではなく、世界を知るための手段の一つでした。
魂の震える演奏を聴いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ときめき倶楽部

次の記事

魚王